« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

うずまきからうまれた

雨雨雨・・・。

そんな中、試作をつくりました。

ワンデー用、クリスマス用、

あくまで試作なので変更予定あり。

P1010680

試作なので、タイトルは関係ありません。

中身は・・・

P1010677

こんなかんじ。

***

もうひとつ、

P1010681

クリスマスツリーにどうかなあ。

***

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やますそのまち

読んでない本大賞というのがあります。

最近知りました。

詳細はこちら

買ったはいいけど読んでない本・・・

たくさんあるよー。

理由については些細すぎて

大きな声で語るようなものはない。

***

先日mondobooksで参加した高遠ブックフェスでは

その読んでない本大賞第2回目が行われました。

そこで飛び入り参加した推定70前後のおじいさん。

古い箱入りのヘンリー・ミラー「南回帰線」を持って登場。

そのおじいさんは産まれたからずっと長野、高遠に住んでいるという。

家の向かいにある田山花袋の歌碑には

「高遠は山裾の町古き町行き逢ふ子らの美しき町」

と歌われ、ずっと刷り込まれていたので

30歳で「南回帰線」を手にした時に

あまりに世界が異なり過ぎていて

これを読んでしまうと何かが変わってしまうのでは・・

という気持ちからずっと読めなかったという。

けれど、今回の高遠ブックフェスによって

方々から旅行客が来たり、様々なイベントが開催され

若い人たちと交流することによって

今なら、「南回帰線」が読めるのではないか、

読んでみよう!と思った。

という本を読んでいなかった理由が語られた。

満場一致で大賞に選ばれたおじいさん。

本当に良い話だった。じんわりしました。

本を読んでない理由・・で人生が見えてきます。

P1010676

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棒切れ三本

さて、これ↓はなんでしょう。

P1010624

正解は

・・・

本立てです。

P1010625

CDを飾るのにも・・。

P1010626

単純な仕組みなのに

これで立つのか、という驚き。

小さな家具です。

高遠ブックフェスで隣に出店していた

びっくり工房さんの作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠ブックフェスティバル

行ってきました。長野、高遠。

晴天続きの3日間。

山間の町は気持ち良かったです。

***

↓「クックとプッケ」を読みふける男の子。

P1010614

P1010620

樹脂&新聞詩ノートは5冊

科学絵本ノートは3冊

ポシェットさげてノート1冊

丸背ノート1冊

角背ノート1冊

売れました!

女の子が、樹脂のノートをお母さんにおねだりして、

大切そうに買っていってくれたのは嬉しかったです。

いろんなことを書き留めて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みどりんご

高遠ブックフェス参加(mondobooks名義)

のための作品作りが続きます。

***

CDのジャケットを作りました。

封筒状にしたものの中に

市販の不織布CDケースを入れます。

使用した紙は、竹尾のファーストビンテージ。

オークとアップルグリーンです。

P1010594

写真を撮った場所は犬吠埼です。

どんな曲か聞きたい方はこちら

↓閉じる部分

P1010599

↓開くとこんな 

P1010598_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずベーグル

昨日の科学絵本ノートに加え

バンドのメンバーに

新聞詩(詩!)と樹脂作品を作ってもらい

新聞詩ノートも作りました。

P1010588_2

こんな感じ。

樹脂作品拡大↓

P1010590

新聞詩はこんな感じ↓

P1010591 P1010593 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくるつくる

古本屋さん、大好きなんですが、

実は、自分で少し始めています。

それはmondobooksという

西荻窪のドミノという古着屋に

小さな棚を持つ古本屋です。

今年の2月から始まったmondobooksですが

この秋に、長野の高遠ブックフェスティバル

に参加することになりました。

***

よし!製本グッズも並べてしまおうというわけで

作っています。文庫本ノート。

P1010580

こんな感じ。

古い洋書の科学絵本を見返しにして

窓をつけて少し見えるようにしています。

P1010587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »